費用のご説明

1 加害者が自動車保険(任意保険)に加入している場合

着手金

0円

報酬金

基本報酬20万円

実際に得られた金額の10%

2 ご相談者様側の保険の弁護士特約を利用される場合

ご相談者様などが加入されている保険の弁護士特約を利用される場合、契約そのものはご相談者と弁護士とが契約することになりますが、実際のお支払いは保険会社からしていただくことになります(ただし、弁護士費用の上限が300万円となっている場合が多く、その場合一部ご相談者にご負担いただく場合があります。詳しくは下記3をご覧ください)。

そのため、具体的な契約内容は、保険会社と話しあったうえで決定することになりますが、一般的には以下の内容となります。

  着手金 報酬金
経済的利益が300万円まで 8% 16%
経済的利益が300万1円~3000万円 5%+9万円 10%+18万円
経済的利益が3000万1円~ 3%+69万円 6%+138万円

 

3 上記2の計算方法では、ご相談者側の任意保険で補償される弁護士費用の上限を超える場合

弁護士特約をご利用の場合、原則として上記2の契約となりますが、弁護士費用の上限が300万円となっていることが多くあります。

その場合、弁護士特約の上限額と上記1の計算結果の差額について、ご相談者にご負担いただくことになります。

【計算例1】

2000万円の損害賠償請求をし、裁判で2000万円が認められたとします。

上記1の計算ですと、着手金弁護報酬の合計は220万円となります。

上記2の計算ですと、着手金が109万円、成功報酬218万円、合計327万円となります。

この場合、上記1の計算結果が保険会社の上限額300万円を超えていないので、追加で報酬はいただきません。

【計算例2】

4000万円の損害賠償をし、4000万円認められた場合

上記1の計算ですと、着手金弁護報酬の合計は420万円となります。

上記2の計算ですと、着手金189万円、報酬金378万円、合計557万円となります。

この場合、保険会社から上限額300万円をいただき、300万円と上記1の計算結果420万円の差額120万円をご相談者からいただくこととなります。