交通事故の基礎知識

交通事故に関する法律から自動車の知識まで、交通事故にあってしまったら知っておきたいことを弁護士が分かりやすく説明します!

分野別の目次は、こちらの【コラム目次】をご覧ください

Original

死亡交通事故の被害者が加害者に請求できるもの

ご家族を交通事故で亡くした場合、せめて加害者に対して、なるべく多く金銭的補償をさせたいと思う方も多いと思いますが、法律上認められるものは、おおむね以下のものです。

もっとも、以下にあげるのは代表的なものですから、「これは無理なの?」と思ったらご相談ください。 

 

1 治療や葬儀などに関連する費用

 

① 治療費など

原則として交通事故の被害者の方が亡くなるまでに要した治療費などは、実費全額が支払われます。

ただし、医学的観点から見て効果が明確でない治療(民間療法など)や一般的な診療報酬をはるかに上回る金額の場合には、それらの治療費が損害として認められないことがあります。

 

② 付添看護費

交通事故被害者の方の入院治療中に、病院の看護で足りない部分について、プロに看護を委託した場合は、実際に支払った金額を付添看護費として加害者に請求することができます。

被害者のご家族が付添って看護した場合には、病院の看護以外に家族の看護が必要であったかなどを考慮したうえで、16500円を目安に加害者への請求が認められることがあります。

 

③ 入院雑費

交通事故被害者の方が入院している際には、治療費以外にも細々とした雑費が発生するのが通常です。

ですから、原則として11500円を目安に入院雑費として加害者に請求することが認められます。

 

④ 付添人の交通費

上記②で付添看護が必要と判断された場合など、付添人が被害者が入院中の病院に通うための交通費が加害者への請求が認めらることがあります。

 

⑤ 医師等への謝礼金

交通事故被害者の方が手術を受ける場合など、正規の手術費用のほかに医師へ謝礼金を支払ったりすることが慣習上あったりしますが、そのような謝礼金も数十万円程度の金額であれば加害者への請求が認められるとしている裁判例があります。

 

⑥ 葬儀関係費用

交通事故被害者の方が亡くなったあとは、通夜や葬儀が行われ、その費用を支出しているでしょうから、葬儀費用として150万円を目安に加害者への請求が認められます。

ただし、実際に支出した金額が150万円より少ない場合には実費となります。

なお、香典や香典返しは考慮しません。

 

2 逸失利益

逸失利益とは、交通事故で亡くなった方が生きていたら得られたであろうお金のことです。

この逸失利益を加害者に対し請求することができます。

逸失利益の基本的な計算式は、次の通りです。

基礎収入額×(1-生活費控除率)×就労可能年数に対応するライプニッツ係数

 

くわしくは以下のページもご覧ください。

基礎収入額とは?

生活費控除率とは?

就労可能年数とは?

ライプニッツ計数とは?

 

3 慰謝料

 交通事故被害者の方が亡くなったときは、加害者に対し、死亡慰謝料を請求することができますが、多くの裁判例から、亡くなった方の立場によりおおむね以下とされます。

・一家の支柱  2800万円

・母親、配偶者 2400万円

・その他、   2000万円~2200万円

 

くわしくは以下のページもご覧ください。

死亡慰謝料の相場

高齢者の死亡慰謝料は減額されるか?

死亡交通事故での親族固有の慰謝料

交通事故で胎児を亡くした場合の慰謝料

 

4 物損

被害者の方の所有物にも損害がある場合には、それらの損害も加害者に請求することができます。

最も多いのは被害者も自動車に乗っていて、その車が損傷する場合ですが、その車が修理が可能な場合は、適正な修理金額(通常ディーラーなどの見積額)について加害者に対して請求することが認められます。

自動車の修理が不可能、または、修理費用が同等の車両の中古車価格を上回る場合(経済的全損)、時価相当額が損害として認められます。 

 

5 弁護士費用など

損害賠償を弁護士に依頼して請求する場合、裁判であれば、最終的に認められる金額の10%程度が弁護士費用として認められます。

 

 

以上、一般的に死亡交通事故で問題となる項目をあげましたので、請求もれがないかご確認ください。

 

なお、被害者にも過失がある場合は、過失割合に応じて減額されます(過失相殺)。

また、被害者が亡くなったことをきっかけに何らかの金銭交付がある場合は、その分減額されることがあります(損益相殺)。

これらについては、以下のページもご覧ください。

交通事故の過失割合の基本的考え方

交通事故の損害賠償から差引かれるもの(損益相殺)

 

弁護士 本田幸則