交通事故の基礎知識

交通事故に関する法律から自動車の知識まで、交通事故にあってしまったら知っておきたいことを弁護士が分かりやすく説明します!

分野別の目次は、こちらの【コラム目次】をご覧ください

Original

【高齢者の交通事故】死亡者が高齢の場合、慰謝料は減額されるか?

交通事故で亡くなった被害者の方が高齢者のとき、加害者側から慰謝料の減額を請求されることがあります。

加害者側からのこのような反論は認められるのでしょうか?

 

古い裁判例を見ると、高齢者の場合は、人生を享受している度合いを考慮して、やや低めにすべきとの主張が認められているものがあります。

 

しかし、交通事故で命を奪われることになった被害者の慰謝料が、人生を享受している度合いによって変わることに合理的理由はないとの考えの方が多数派です。

実際、被害者側の立場に立ってみれば、「歳をとっていたから人生を楽しんだでしょう」などという主張は受け入れられないでしょう。

 

東京地方裁判所の近年の裁判例でも、高齢者というだけで慰謝料額が2000万円を下回るとした裁判例はないようです。

 

交通事故で被害者が亡くなった場合の死亡慰謝料は、死亡慰謝料の相場のページで説明したとおり、2000~2500万円ですから、被害者が高齢者の場合に慰謝料が減額されることはないと言って良いでしょう。

弁護士 本田幸則