交通事故の基礎知識

交通事故に関する法律から自動車の知識まで、交通事故にあってしまったら知っておきたいことを弁護士が分かりやすく説明します!

分野別の目次は、こちらの【コラム目次】をご覧ください

Original

交通事故で家族が亡くなった・・・本人以外の親族に慰謝料の支払いは行われるのか?

交通事故などで亡くなった方の親族については、民法711条により、亡くなった方とは別に慰謝料が請求出来ます。
これを近親者慰謝料といいます。

民法711条は、「被害者の父母、配偶者及び子」としていますが、同条と同視できるような身分関係にあれば、同条を類推適用して損害賠償を認められます。
たとえば、内縁関係にある場合は、法律上は配偶者ではありませんが、配偶者に準じて損害賠償が認められます。
その他に認められた裁判例として、妹と二人暮らしの年金生活者が亡くなった場合の妹、養子縁組をしていないけれど事実上養子として育てられていた養子、などがあります。
祖父母や孫も具体的な事情によっては損害賠償が可能な場合もあります。

では、いくらくらい請求出来るのかですが、交通事故における死亡慰謝料の相場のページでも説明したとおり、通常は、近親者=相続人=請求者となるので、裁判では本人分と近親者分とを明確に区別せず、合計で、
・一家の支柱:2800万円
・母親・配偶者:2500万円
・その他:2000~2500万円
程度の金額が認定されます。

近親者=相続人とならない場合や、相続人間で争いがあり、各相続人が個別に訴えたような場合は、本人分の慰謝料が上記より少なくなり、その分近親者慰謝料が認められることとなります。
各請求者の近親者慰謝料がどれくらいになるかは、本人との関係によって異なり、多くの裁判例は50万円程度から600万円程度の間で決められています。

弁護士 本田幸則

弁護士 本田幸則

2007年に弁護士登録をし、2014年に「なごみ法律事務所」を設立。 自身が交通事故にあったことをきっかけに、交通事故の被害者側での弁護活動に注力するようになる。