交通事故の基礎知識

交通事故に関する法律から自動車の知識まで、交通事故にあってしまったら知っておきたいことを弁護士が分かりやすく説明します!

分野別の目次は、こちらの【コラム目次】をご覧ください

Original

【車のピラー】意外と知らない、車の窓と窓の間の棒状のモノについて

上のイラストの窓と窓の間の棒状の部分(矢印部分)の名前をご存じですが?

交通事故の相談の際や、裁判での尋問の際に車の部品の名前が分からないと困ることがありますが、相談にいらした方や、知り合いの弁護士等から一番質問を受けるのが、上のイラストの矢印の部分の名前です。

正解は、ピラー(Pillar)です。

ピラーとは、柱という意味です。

そして、前から順にAピラー、Bピラー、Cピラーといいます。

左右にありますから、右Aピラーなどということになります。

ピラーレスと言われる構造であったり、2ドアのスポーツカーの場合、前席のサイドウインドウと、後席のサイドウインドウの間のピラー(Bピラー)がありません。

その場合は、AピラーとCピラーのみとなり、CピラーがBピラーに繰り上がることはありません。

また、ステーションワゴンなど、長い車は、さらにもう一本仕切りの柱がある場合があります。

その場合は、一番後ろがDピラーとなります。

弁護士 本田幸則

弁護士 本田幸則

2007年に弁護士登録をし、2014年に「なごみ法律事務所」を設立。 自身が交通事故にあったことをきっかけに、交通事故の被害者側での弁護活動に注力するようになる。