交通事故の基礎知識

交通事故に関する法律から自動車の知識まで、交通事故にあってしまったら知っておきたいことを弁護士が分かりやすく説明します!

分野別の目次は、こちらの【コラム目次】をご覧ください

Original

【交差点事故】青信号での直進バイクと対向右折車との事故の過失割合

青信号で交差点を直進するバイクと、対向車線を走ってきて交差点で右折しようとした自動車が衝突事故を起こすことはよくあります。

この場合の過失割合はどうなるでしょうか?

 

この場合は、原則としてバイク:自動車=15:85となります・

 

もっとも、事故状況によって修正されることもあるので詳しく見ていきましょう。

 

1 基本的な考え方

まず、過失割合について最も重要なのは法律ですから、二輪車と自動車でどちらが法律上優先するかを見てみます。

右折車と直進車の交差点での優先順位については、道路交通法37条に規定があります。

道路交通法37条

車両等は、交差点で右折する場合において、当該交差点において直進し、又は左折しようとする車両等があるときは、当該車両等の進行妨害をしてはならない。

このことからすれば、直進するバイクが優先ですから、原則として右折車が悪いということになります。

 

では、バイクに法律違反がないかというと、実は直進車についても法律上の義務が課されています。

道路交通法36条4項

車両等は、交差点に入ろうとし、及び交差点内を通行するときは、当該交差点の状況に応じ、交差道路を通行する車両等、反対方向から進行してきて右折する車両及び当該交差点又はその直近で道路を横断する歩行者に特に注意し、かつ、できる限り安全な速度と方法で進行しなければならない。

つまり、交差点では直進車が優先だけれども、直進車も右折しようとする車がいないか注意してね、というのが法律の規定です。

 

ですから、右折車にも少々の過失を認めましょうということになります。

 

さらに、バイクと車の場合は、バイクの方が交通弱者であるという点を考慮して、車対車の場合よりも、バイクの過失割合が若干低くなります。

 

以上を総合考慮して、裁判では、バイク:車=15:85程度を基準として考えられることが多いのです・

 

ちなみに車対車の場合は、20:80が原則の過失割合となります。

 

5 修正要素

以下のような事情がある場合には、直進バイクの過失割合を修正します。

 

① 右折車の徐行なし: -10%

ここでいう徐行は、自動車教習所で習うような、すぐに止まれる速度ではなく、右折車として通常の速度、常識的な速度をいいます。

この「徐行」についても、保険会社が通常の意味の徐行と同様だと勘違いして主張してくるポイントです。

 

② 直近右折:-10%

直近右折とは、右折車が直進車の至近距離で右折することをいいます。

このような場合は、直進バイクはよけられる可能性が極めて低くなるので過失割合も低くなります。

 

③ ウインカーなし:-10%

方向指示器を出していないと、直進バイクは右折するのかどうかわかりません。そのため、バイクの過失割合が低くされます。

ウインカーを出すのは右折の予告のためですから、右折しながらウインカーを出すなど、出すタイミングが遅すぎる場合も過失が-10%程度となります。

 

④  早回り右折:-10%

交差点中央付近より手前で右折を開始して右折することを早回り右折といいます。

早回り右折をすると、対向車線にいる時間が長くなるので危険な行為とされ、相対的に直進バイクの過失割合が低くなります。

 

⑤  大回り右折:-10%

右折時には、あらかじめ道路の中央付近によって右折しなければなりませんが、道路中央付近によらずに右折することを大回り右折といいます。

右折車が道路中央付近に寄っていないと、対向車線のバイクには、対向車線の車が右折しようとしているのかどうかが分かりにくくなります。

そのため、直進バイクの過失割合が低くなります。

 

⑥ 右折車の著しい過失・重過失:-10%

基本の過失割合で、一般的な前方不注視は考慮されているので、それ以上の過失や、ほとんど故意といえるようなケースのみ考慮します。

 

⑦ バイクの15㎞/h以上の速度違反:+10%

 

⑧ バイクの30㎞/hの速度違反:+20%

 

⑨ 右折車の既右折:+10%

既右折とは、右折車がほとんど右折を完了しているような状態にあるところにバイクが進行していった場合です。

 

⑩ 道路交通法50条違反の交差点侵入:+10%

道路交通法は、原則として直進車を優先としていますが、例外を50条でさだめています。

具体的には、前方が込み合っていて、交差点内で停車することになりそうなのに交差点に進入する行為などをいいます。

道路交通法50条

1 交通整理の行われている交差点に入ろうとする車両は、その進行しようとする進路の前方の車両等の状況により、交差点に入った場合において当該交差点内で停止することとなり、よって交差道路における車両等の通行妨害となるおそれがあるときは、当該交差点に入ってはならない。

2 車両等は、その進行しようとする進路の前方の車両等の状況により、横断歩道、自転車横断帯、踏切又は道路標示によって区画された部分に入った場合においてはその部分で停止することとなるおそれがあるときは、これらの部分に入ってはならない

⑪ バイクの著しい過失・重過失:+10%

一般的な前方不注視は、基本の過失割合で考慮されているので、それ以上の過失がある場合に考慮します。

たとえば、ヘルメットを着用していなかった場合は、通常は、それによって損害が拡大するので、著しい過失ありとされます。

弁護士 本田幸則

弁護士 本田幸則

2007年に弁護士登録をし、2014年に「なごみ法律事務所」を設立。 自身が交通事故にあったことをきっかけに、交通事故の被害者側での弁護活動に注力するようになる。