交通事故の基礎知識

交通事故に関する法律から自動車の知識まで、交通事故にあってしまったら知っておきたいことを弁護士が分かりやすく説明します!

分野別の目次は、こちらの【コラム目次】をご覧ください

Original

ライプニッツ係数とは?-交通事故の損害賠償を計算する④-

ライプニッツ係数とは、未来のお金を現在のお金の価値に換算するための計算に必要な指数です。
交通事故の損害賠償のうち逸失利益は、事故にあわなければ得られたであろう利益、おおざっぱに言うと将来もらえたはずの給料です。
ですから、将来にもらえたはずの給料を、今もらうといくらになるのかを計算することが必要になります。
その計算に必要となるのがライプニッツ係数というものです。

 

以下でもう少し詳しく説明します。

 

 1 ライプニッツ係数の考え方

交通事故の損害賠償の一つとして、「逸失利益」というものが認められます。
逸失利益とは、事故にあわなければ将来得られたであろうお金で、以下の計算式で算出されます。
逸失利益=基礎収入額×(1-生活費控除率)×就労可能年数に対応するライプニッツ係数 

 

 

このうち、ライプニッツ係数とは、冒頭にも書いたとおり、未来のお金を現在の価値に計算し直すための指数、言い換えると「将来受け取るお金を早く受け取るのだから、利息相当額を減額しますよ。いちいち計算するのは複雑なので、計算結果をまとめておきますね」というものです。

 

たとえば、今、100万円持っていたとして、運用すれば、1年後には100万円+αになります。

ご自身で運用する自信がなければ、銀行に預けるのでもかまいませんが、その場合でも利息分がプラスされます。

つまり、今の100万円と1年後の100万円では価値が違う、今の100万円と釣り合う1年後の金額は100万円+αだということになります。

逆に言えば、1年後の100万円と釣り合う今の金額は100万円×1/(1+α)だということになります。

ここから、逸失利益の計算においても、将来稼げたであろう金額をそのまま請求出来るのではなく、「将来受け取るお金を、今受け取る分減額しますよ」という考えが出てきます。

減額というと損をしたような気がするかもしれませんが、たとえば、今95万円受け取って、それが1年後に100万円になるのと、1年後に100万円受け取るのとは同じですよね?

これを「中間利息を控除する」と言ったりします。 

 

2 +αとはいくらか?

次に問題になるのは、「+αっていくらなの?」ということです。

この+α部分については、年5%とされています。

これは、民法上、利率は原則5%となっているからです(民法404条)。

この利率については、現在の経済情勢からすれば高すぎるとの批判がありますが、裁判では5%とされるのが実情です。

 

利率が5%だとして、100万円を請求する場合について考えると、

1年後の100万円の現在の価値=100万円×1/(1+5%)=95万2380円(1円未満切り捨て)

2年後の100万円の現在の価値=100万円×1/{(1+5%)×(1+5%)}=90万7029円

となり、1年後の100万円と2年後の100万円を合計した185万9409円が、2年分の100万円を今もらう場合の金額となります。

 

上記計算をΣを使った数式で計算できなくはないのですが、面倒ですし、複雑な計算は間違いの元です(今ならエクセルで簡単にできますが・・・)。

そこで、あらかじめ計算した結果をまとめたものがライプニッツ係数です。

 

厳密には、月収制の場合、年収を年利で計算するのではなく、月収を月利で計算すべきなのでしょうが、そうするとボーナスはどうなるのかなど問題が複雑化するので、裁判では年単位で計算します。

 

​3 具体的なライプニッツ係数

具体的なライプニッツ係数は以下の表のとおりです。

表は以下のように参照します。

 

〈例1〉40歳男性が亡くなった場合

就労可能年数=67歳-40歳=27年

就労可能年数に応じたライプニッツ係数=27年に対応するライプニッツ係数=14.6430

 

〈例2〉10歳女性が亡くなった場合

就労可能年数=67歳-18歳=49年

働けるまでの年数=18歳-10歳=8年

就労可能年数に応じたライプニッツ係数=49年に対応するライプニッツ係数(18.1687)-8年に対応するライプニッツ係数(6.4632)=11.7055

 

*就労可能年数については、こちらの就労可能年数の記事をご覧ください。

ライプニッツ係数
年数 ライプニッツ係数 年数 ライプニッツ係数 年数 ライプニッツ係数
1 0.9524 21 12.4622 41 17.2944
2 1.8594 22 13.1630 42 17.4232
3

2.7232

23 13.4886 43 17.5459
4 3.5460 24 13.7986 44 17.6628
5 4.3295 25 14.0939 45 17.7741
6 5.0757 26 14.3752 46 17.8801
7 5.7864 27 14.6430 47 17.9810
8 6.4632 28 14.8981 48 18.0772
9 7.1078 29 15.1411 49 18.1687
10 7.7217 30 15.3725 50 18.2559
11 8.3064 31 15.5928 51 18.3390
12 8.8633 32 15.8027 52 18.4181
13 9.3936 33 16.0025 53 18.4934
14 9.8986 34 16.1929 54 18.5651
15 10.3797 35 16.3742 55 18.6335
16 10.8378 36 16.5469 56 18.6985
17 11.2741 37 16.7113 57 18.7605
18 11.6896 38 16.8679 58 18.8195
19 12.0853 39 17.0170 59 18.8758
20 12.4622 40 17.1591 60 18.9293

 

【関連記事】

基礎収入額とは?

就労可能年数とは?

生活費控除率とは?

弁護士 本田幸則